子育てについて

悔しさの根っこの、大切な想い。

こんにちは。

チーです。

思春期の子の家庭教師をしたり、親御さんのお悩み相談をしてます(^^)

チー

ラザニアが食べたいラザニアが食べたいラザニアが食べたい

先日、次男(6歳)と三男(4歳)の運動会に行きまして。

平日の日中に休みが取れて、子供たちのそういう姿を見ることができる。

世の中のお父さんの立場からすると

そういう環境があることってきっと幸せなんだろうなって感じながら一生懸命ビデオカメラを回しておりました。

めっちゃいい天気でした。

次男は来年小学生だから

子供園での運動会は今回で最後。

こだわりが強くて、落ち着きがなくて。

今はだいぶ落ち着いてきたけど、小さい時は目が離せなくてほんと大変で。

その度にイライラしてキレてしまったり。

そんな自分の親としての情けなさから落ち込んだりして。

そこにきて「お前の子育ての仕方は間違ってる」って言われて傷ついたり。

そんなことがありながらなんとか次男と向き合ってきて。

そんな次男が

ちゃんと整列して

一生懸命踊って、走って。

その姿見てると

なんか感慨深くて泣けてきて。

運動会ですらこんな感じだったら

卒園式とか周りが引いてしまうくらい泣いてしまうんじゃないかと少し心配になりながら(笑)

次男の姿に感動してました。

今回の運動会で印象に残った出来事が1つあって。

最後の種目だったかな、リレーがあったんだけど

次男は第1走者。

次男は足速いんでトップで次の走者にバトン渡したんだけど

最後の方の走者の子が抜かれて2位になって。

次男は1位が取れなかったことが相当悔しかったみたいで拗ねてしまって。

もう、なにをやってもその場から動かない。

先生も色々説得してくださったり

抱き上げて連れていこうとしてくださったりするんだけど

その場から動かない。

挙句、先生を蹴ったりして。

その後、クラス全員で写真撮影があったんだけど

担任の先生が暴れる次男を汗だくになりながら抱っこして

なんとか写真撮影してくださって(先生にはほんと感謝です泣)。

そんな次男の姿を見ていたら

きっと

次男は次男なりの言葉に出来ない想いがあったんだろうなって。

悔しいって気持ちの根っこに

次男なりの大切な想いみたいなものがあるんだろうなって思って。

頑張った自分。

もしかしたら1位取って俺や妻を喜ばそうとしてたかもしれない。

クラスのみんなで喜びを共有したかったのかもしれない。

大好きな担任の先生を喜ばせたかったのかもしれない。

ヒーローになりたかったのかもしれない。

本当のところはどうなのかわからないけれど(笑)

きっと

言葉に出来ない次男の大切な想いがそこにはあって。

そのもどかしい気持ちがあんな感じの態度になったんだろうなって。

そんなことを感じて。

で、

結局次男は運動会が終わっても拗ねてなかなか帰ろうとしなかったので

これはラチがあかないと思って叱って無理やり連れて帰りました(家庭教師したりしてるくせにこんな親です泣)。

でも1つ

コイツすごいなぁって思ったのが

抜かれてしまった子を責める発言がなかったこと。

あれだけ悔しい想いがあったんだから

そういう発言があってもおかしくなかったんだけど

いっさいそれは言わなかった。

色んなことに敏感で優しい次男だから

そんな想いがもしあったとしてもグッと堪えていたのかもしれない。

でもそれはほんとすごいなぁって。

かっこいいなって。

親バカなのかもしれないけれど

そんなふうに感じました。

親としても色々なことを感じられる場を提供してくださってる子供園の先生方や

役員の方々にはほんと感謝っす( ; ; )

またこういう機会には積極的に休みをもらおうと思ってます(^^)

チーでした。

最後まで読んでいただき有難うございました(^^)