教育理念

とにかく、話を聴く。

思春期の子供には『親だから話しにくいこと』があります。

不登校をしてたりすると余計にそういうことがあったりする。

そんな彼らの話しにくいことをたくさん聴かせてもらえればと思っています。

ですので、話を聴いたり僕から話をする時間を多く取ってます。今まで関わらせていただいた親御さんからも「先生のそのスタイルが良かった」との声をいただいてます。

家庭教師なんて嫌だ!って言ってるお子さんにも是非伝えてください。「勉強よりも楽しい話をたくさんしてくれる先生らしいよ」と(笑)

勉強が苦手という『思い込み』を外す。

勉強についていけなくなった、というのも不登校になる原因の1つによく上がります(関わらせていただいた子もそうでした)。

今まで指導してきた経験から思うのは、『苦手』じゃなくて『嫌い』になっているということ。

『嫌い』になってしまってるのが、勉強から距離ができてしまう原因です。結果、自己否定につながってしまうこともある。

まずは「あれ?俺、意外とできるやん・・」、「え?意外と簡単だったやん・・」という状況を作っていきます(^^)

親でも友達でもない、ナナメの関係に。

家って横と縦の柱と、『すじかい』と言ってナナメの柱もあるそうです。すじかいを入れることでより強固な、倒れにくい家になる。

そんな『すじかい』のような関係になれたらと思っています(^^)

親(縦の柱)でも友達(横の柱)でもない、ナナメの関係。簡単にいうと親戚のお兄ちゃんのような。お兄ちゃんというには僕はだいぶ歳を食ってるけれども(笑)。

男ならわかると思うんですけど、親戚のお兄ちゃんって色んなことを教えてくれるじゃないですか。新しい価値観、知らなかった世界、趣味。そこから新しい楽しみや将来の選択が増えていく。

そんな関係を作れたらいいなと思ってます(^^)

とにかく楽しい先生になりたくて。

大人になるのが楽しみになる。

こんな面白い大人もいるんだ。

僕はそう思ってもらえるような先生でありたい。

勉強の合間にいろんな話をしています。

僕が学んだ心のことや社会人として見てきた景色。

いろんな本を読んで得てきた知識。

今まで僕がやってきたこと。

ゲームや漫画のこと。

その中で大人になることって楽しいことかもなって思ってもらえれば嬉しいなと思ってます。